shureのイヤホンを買いました。

 

タイトルは関係なくて婚活アプリでデートに行った話です。

 

発端は俺の友達のセックス大好き人間からで、彼女探しに使えるアプリがあるって言われて……飲み会でインストール、そして課金をしました。

 

システム的には男は月4000円くらいで女は無料、プロフィールに毎日1回無料でできるイイネして返ってくるとメッセージ送れるみたいなやつです。

わかってます、月額が高いですね。イイネは1回100円くらいで足せます。バカか?

 

そんでまあ毎日の無料みたいなのをコツコツやって半月、色々なコツがある事がわかってきます。コツコツ、コツ

 

まずプロフィールの作り方。

当然一番良い自分の写真を使い、プロフィール欄にはアピール。

このアピールの内容ですが自慢にならずに意識高く、これが最強です。

今はどんな仕事をしていて、その仕事でこんな資格を取るためにこんな事を頑張っています。

そんな風に書く事によって爽やかさと勤勉さ、あくまで婚活アプリなので仕事、給料への安心感を与えようとしました。

 

趣味は多く書くけど深くは書かないのが良い。

あ、これ合うなーって思わせられれば良いので深く書くと向こうが引くのではと思います。

 

そしてメッセージ、これはもうプライドを捨てます。

絵文字、顔文字、笑

どんどん使いましょう。

でもおじさんが若い女の子口説く時みたいにならないように良く推敲はしました。

 

そんなこんなで自分の話を出しつつ相手の話も引き出し、褒め、慰め、LINEを聞いたり紆余曲折しつつデートを行います。

 

ここまではわかりますね?わからなければバカです、バカはすぐに死にます。

 

今回は渋谷でデートする事になり、俺が映画のチケットを予約しておきました。パイレーツオブカリビアンです。

 

当日来るとプロフィール写真の一番可愛いやつくらいの顔をしていて当たりでした。

すいません、普段風俗に行くので女の子の事は当たりか外れかでしかわかりません。俺はバカです。

 

事前にプランは練っていて、さっき言ったように俺がチケットを買ってあるので受け渡して映画、その後女の子の予約した店に行く感じでした。

チケット代払うって話にはなると思うので代わりに売店でジュース買ってもらうみたいに誘導して余裕を見せつけようとしたんだけど(男ってなんかこういう細かいとこだけ考えてニタニタしますよね、俺だけですか?)なぜかチケット代の話にはならず、まあ仕方ねえかって渡すだけ渡してジュース買って座りました。

 

ポップコーンを食いたかった、でもどうしても手も汚くなるしうるせえしで我慢したんですけど、ジュースのLサイズ、意味わからんくらいデカくて1リットル近くはありそうな感じで、ウーロン茶なのでこれはヤバイが発生しました。

 

席に座ってからは色々と映画だったりの話をして(根暗オタクの皆さん、ちゃんと目を見ましょう)、映画が始まりました。

 

ウーロン茶チビチビ飲んでたらやっぱり完全にヤバイが発生し、トイレトイレが開始30分くらいから限界に来てました。

結局トイレに行く事になり、情けなくも人の前を通ってトイレに行き、携帯の電源を入れちょいちょいいじって戻りました。おしっこは大量に出ました、報告しておきます。

 

戻る時も恥ずかしかったんですけど、席について観始めたら女の子がすっと動いてきた。

何をするか何となく本能で察して耳を近づけたら耳に手を当てて進んだストーリーをささやいてくれました。

完全に興奮して、そうこの前の日記にも書いたように風俗では耳が興奮するので、勃起をしました。

 

そして映画ではなぜか仲間だった主人公みたいな男の子がジャックスパロウに斬りかかっていて、最後の方でやっとその子が敵に乗り移られていた事がわかりました。そこは大事だろ、ささやきで教えてくれよ。

 

まあ映画は面白くて、観終わったらもう居酒屋の予約時間でその子と探しに行きました。

ここでトラブルが起きてその場所がわかりません。マップの表示見てもなんかわからない感じで20分くらい歩き回ってようやく見つけました。

 

f:id:mi7mi7mi7:20170801004200j:image

 

店は生牡蠣が食べれて良くて、でもかなりのメニューにチーズかかってて我慢して食べたりしました。最近の何にでもバターとチーズたっぷりいれればみんな満足やろみたいなのはカスです。

 

食べてる間も色んな話をして、店の閉店まで飲んで会計、ここでいきなりチケット代の話をされてビビって、結局俺がちょっと多めに払う感じで終わり、また空いてる日あったら教えてみたいな感じで解散しました。

 

結論としては……⤴️😎

うーーーん、思ったより出す金が安く済んでよかったです笑

また読んでくださいね(ᵔᴥᵔ)